好きになった瞬間の切り取り方|村神千紘

私、村神千紘が日常見かけたなにげない風景や流れてゆく時間の中で感じたこと、手の届く物、届かない物でも興味を惹かれたものについて、現在進行、あるいは少し昔を振り返ったりしながら書いていきたいと思います。

ZARA、H&Mを晴れ着に、コムデギャルソンを普段着に。そんな日がもうすぐ訪れる、かな?

第2日目は、好きなファッション、特に服飾について書いていきたいと思います。

VANが倒産した後の、『ポパイ』と『ホットドックプレス』から、私のファッション、服飾への関心はスタートしました。

並木通りは伝説になっていて、歩くのは公園通りにファイヤー通り、キャットストリート。入り込むのはバックドロップに文化屋雑貨店、ハリウッドランチマーケット。そんな時代です。ビームスやシップスは別格でした。

しばらくして情報源は『ブルータス』に移行していきますが、南青山や骨董通りに目が向くのは、ずっと最近になってからです。

f:id:tapirhut:20170220055031j:plain

体型が良ければなにを着ても似合うという、悔しいけれど否定できない事実を常に眼前に突き付けられながら、それでもその時その時に自分が着たいもの、着て心地いいものを選んできました。VANの影響を受けたトラッドが多かったでしょうか?

コッパンにチノパン、ボタンダウンシャツにポロシャツ、スタジャンにクルーネックのセーター。

コッパンの裾はダブルにして、ポロシャツはラコステかアイゾットでした。

サイズ設定があるのかないのか、それが常に最優先事項でした。

ずいぶん処分しましたが、当時のもののいくつかは今もクローゼットのどこかでひっそりと眠っています。

一方で、無印もユニクロも品質重視で選んできましたし、エディフィスにシップス、アメリカン・ラグ・シーなど、バックドロップに通っていた過去をすっかり忘れてしまったかのように、アメカジ過ぎないショップを好んでセレクトしていました。ユニクロはデザイナーズ・インビテーションの時代から+Jまで、仕事に使えるアイテムが選択できてすごく便利にさせてもらいました。

ファストファッションとの遭遇は2004年のパリ。フランスでミニバスの営業をしている日本人に教えてもらった、パリのH&M。オトリュッシュ君は、アッシュ・エー・エムと呼んでいました。店舗は、確かオペラ座の裏のラ・ファイエット通りだったと思いますが、カジュアルなものからモードっぽいものまでサイズも豊富で、1ユーロ125円くらいの時代でしたが、価格設定が衝撃的でした。そのH&Mが日本に上陸し、2008年11月8日、コムデギャルソンとのコラボ商品を発売した時、銀座店の前で徹夜の行列をしたのも懐かしい思い出です。

f:id:tapirhut:20170219112753j:plain

ラフォーレ原宿にあったトップマンもよく行きました。まだ、ロンドンへの関心が強かった時代ですね。

少し遅れてZARA

コムデギャルソンも路面店では青山本店、コルソコモ、骨董通りのヤン・コムデギャルソン、最近ではドーバーストリートマーケットでしょうか。インショップでは渋谷西武や有楽町阪急をはしごしたりしていました。

f:id:tapirhut:20170219112835j:plain

サントノーレ通りのコムデギャルソンパリやコレットでは、ギャルソンシャツの価格設定が日本の価格設定よりぐんと低かったのですが、立ち上がりから何ヶ月も経っているのでサイズが残ってなく、悔しい思いで仕方なくパルファムを購入したりしました。

f:id:tapirhut:20170219110751j:plain

デザインが小さ目だったり、ユニセックスのものがあったり、ほかのブランドではあまり見かけないエステルの縮絨の独特の風合いと着心地。価格を無視できるのなら、全アイテム揃えたいくらいでした。今でも時々ですが、大切に着用しています。

ファッション、は文字どおり変わっていくものですし、同じように服飾に対する好みは変わってゆくと思いますが、自分なりのものとして、これからも大切にしていきたいと思っています。